公益社団法人 日本技術士会 登録 ISO・経営支援センター

   

 神奈川 環境経営支援センター 統合システム構築支援 ⑥ 
ISO14001/ISO9001統合マネジメントシステム構築支援 【 統合システム構築の狙い 】
1.シンプルな マネジメントシステム → マネジメントの意思決定を容易にする。
2.環境・品質 間など、各活動の関連付け、トレードオフの調整を容易にする。
3.組織本来の重要な事項に焦点を当てやすくなる。  

【 コンサルテイングの特長 】
1.ISO14001/ISO9001の審査員資格を持つ技術士が、効果的なシステム作りを支援しコンサルタントの役目を果たします。
2.環境固定部分、品質固定部分、環境・品質共通部分を効率的にシステム化します。
3.従業員から見て、シンプルなシステムとし、企業活動を効率化させます。
4.部分最適ではなく、全体最適を目指したシステムとします。
5.内外の管理コストの削減が期待できます。
6.下記事例の問題を解決する仕組みを構築します。  

【 環境と品質で整合しない目的・目標・活動の事例 】
1.廃棄物削減のため、検査用のサンプル数、及び量を減少させた。その結果、品質の バラツキが大きくなった。
2.ゼロエミッションの一環としてプラスチック製品のリサイクルを環境目的にしているが重要な不良率低減と関連付けられていない。
3.省エネルギーのため、エイジング工程を省略したところ、熱問題の不良が増大した。
4.生鮮食料品の廃棄物低減を環境目的にしているが、指標がリサイクル率であるため、仕入れ品質管理に結びついていない。
5.グリーン調達の方針トコスト削減のトレードオフ。

お申込み、お問合せは
  公益社団法人 日本技術士会 登録 ISO・経営支援センター
  〒231-0023 横浜市中区山下町1番地シルクセンターM 209号室
  電話:045-210-0337、Fax:045-210-0338
  Email:info@kanagawa-touroku.org